回収できる金額


債権が発生し、なおかつそれを回収できないとなれば、その分の財産を何もせずに失うということになります。貸し付けた相手がいるなら、即座に回収に行くのが基本ですが、当事者同士で話し合ってもトラブルの元になるだけなので、そういう時は専門家に回収を任せるようにしましょう。債権回収は弁護士やサービサーが行うことが多く、どちらを選ぶかで回収できる債権に差が出てきます。少しでも多くの利益を得るために、どちらに債権回収を依頼すればよいのでしょうか。

債権回収を依頼する際はどれだけ回収できるかに注目しましょう。まず弁護士に債権回収を依頼した場合ですが、こちらは債権の全額の返済を促すことができ、長期に亘って交渉を行ったり、時には訴訟を起こせます。それに対して、サービサーは即座に債権の一部をサービサーから受け取ることができるので、交渉が終わるまでの間、財産を受け取れない状況が続くのは避けたい場合、サービサーに依頼したほうが、何かと後の作業にかかる負担を減らすことができます。

弁護士とサービサーは債権回収を行っているという点は共通していますが、どちらを選ぶかで受け取れる金額は変わりますし、回収までにかかる時間も変わってきます。さらにサービサーは、法律上禁止されてている取引を行わないように気を配る必要もあるので、特に初めて債権回収を依頼する際は、安全の意味もこめて、弁護士に相談するようにしたほうが良いとされています。