弁護士とサービサー


会社の運営において、債権が発生するケースは決して珍しくはありませんが、時には支払いが行われず、債権の回収を余儀なくされることがあります。債権の回収を行う際、弁護士とサービサーのどちらかに依頼することができます。いずれも債権を回収するという点は変わりませんが、どちらを利用するかで様々な違いが出てくるので、状況に応じてどちらを利用するか考えなければなりません。当サイトでは債権回収についての情報を掲載しています。

弁護士に依頼する場合、法律に関連する様々なサポートを受けることができます。もちろん債権の回収についても対応しており、様々な債権を回収するために、交渉を行ったり、時には訴訟を起こすこともあります。それに対してサービサーは、債権の回収を主な業務としている企業で、債権を買い取ることで最低限の保証を行った後、後から債務者から債権を回収して利益を得ています。弁護士は交渉が長期化することもある反面、債権の全額を回収できるチャンスがありますが、サービサーはある程度の額が保障される代わりに、全額の回収は不可能です。

回収できる債権の差以外にも、弁護士よりもサービサーのほうが対応できる債権の数が少ないという違いがあります。確実に全額債権を回収したいときや、サービサーが対応できない債権を回収したいなら、弁護士に依頼する以外の選択肢はありません。サービサーは短い間に最低限の債権は取り戻せるので、即座に問題を解決したいときには役立ちます。いずれも使いどころによっては役立つので、債権回収の際はどの方法を利用するべきか判断しましょう。