回収できる金額


債権が発生し、なおかつそれを回収できないとなれば、その分の財産を何もせずに失うということになります。貸し付けた相手がいるなら、即座に回収に行くのが基本ですが、当事者同士で話し合ってもトラブルの元になるだけなので、そういう時は専門家に回収を任せるようにしましょう。債権回収は弁護士やサービサーが行うことが多く、どちらを選ぶかで回収できる債権に差が出てきます。少しでも多くの利益を得るために、どちらに債権回収を依頼すればよいのでしょうか。

債権回収を依頼する際はどれだけ回収できるかに注目しましょう。まず弁護士に債権回収を依頼した場合ですが、こちらは債権の全額の返済を促すことができ、長期に亘って交渉を行ったり、時には訴訟を起こせます。それに対して、サービサーは即座に債権の一部をサービサーから受け取ることができるので、交渉が終わるまでの間、財産を受け取れない状況が続くのは避けたい場合、サービサーに依頼したほうが、何かと後の作業にかかる負担を減らすことができます。

弁護士とサービサーは債権回収を行っているという点は共通していますが、どちらを選ぶかで受け取れる金額は変わりますし、回収までにかかる時間も変わってきます。さらにサービサーは、法律上禁止されてている取引を行わないように気を配る必要もあるので、特に初めて債権回収を依頼する際は、安全の意味もこめて、弁護士に相談するようにしたほうが良いとされています。


対応範囲の違い


債権が発生したら、大抵は手元に戻ってきますが、場合によっては踏み倒されることもあるかも知れません。債権回収にはいくつか方法がありますが、状況に応じて弁護士に相談するか、サービサーに依頼するかに分けられます。どの方法が良いかは状況によっても左右されますが、特に注目したいのが、それぞれの対応できる範囲の違いです。債権の内訳に応じてどちらを利用するべきか判断しましょう。

まず気をつけておきたいのが、サービサーは対応できる債権に限りがあるという点です。サービサーが取り扱う債権は特定金銭債権に限定されており、それ以外の債権に対応できません。特定金銭債権は、銀行などが所有している貸付債権や、リース・クレジット、法的整理手続き中の方が有する金銭債権などが該当します。どの債権に該当しているかは、公式サイトなどでも紹介されているので、そちらを前もってチェックしておきましょう。

サービサーに対して、弁護士は様々な債権に対応することができます。法律関係にまつわるトラブルには一通り対応することができるので、様々なところから詳しい情報を集めることができるでしょう。回収時にかかる費用や期間に時間がかかることもあるので、債権の種類からどちらも選べる際は、状況に応じてもっとお得に使えるほうや、もっと多くの債権を回収できるほうを選んでください。


弁護士とサービサー


会社の運営において、債権が発生するケースは決して珍しくはありませんが、時には支払いが行われず、債権の回収を余儀なくされることがあります。債権の回収を行う際、弁護士とサービサーのどちらかに依頼することができます。いずれも債権を回収するという点は変わりませんが、どちらを利用するかで様々な違いが出てくるので、状況に応じてどちらを利用するか考えなければなりません。当サイトでは債権回収についての情報を掲載しています。

弁護士に依頼する場合、法律に関連する様々なサポートを受けることができます。もちろん債権の回収についても対応しており、様々な債権を回収するために、交渉を行ったり、時には訴訟を起こすこともあります。それに対してサービサーは、債権の回収を主な業務としている企業で、債権を買い取ることで最低限の保証を行った後、後から債務者から債権を回収して利益を得ています。弁護士は交渉が長期化することもある反面、債権の全額を回収できるチャンスがありますが、サービサーはある程度の額が保障される代わりに、全額の回収は不可能です。

回収できる債権の差以外にも、弁護士よりもサービサーのほうが対応できる債権の数が少ないという違いがあります。確実に全額債権を回収したいときや、サービサーが対応できない債権を回収したいなら、弁護士に依頼する以外の選択肢はありません。サービサーは短い間に最低限の債権は取り戻せるので、即座に問題を解決したいときには役立ちます。いずれも使いどころによっては役立つので、債権回収の際はどの方法を利用するべきか判断しましょう。